生徒・保護者様の声

  1. ホーム
  2. 生徒・保護者様の声

生徒・保護者様の声

保護者T様 【新所沢7期生】 (2016/02/23)

小学5年生で入塾させていただきました。小学生の2年間は先生に我が子の性格を私とは違った立場からとらえて頂き、学ぶ姿勢についての長所、短所を教えて頂き、その後始まる中学生活でのハードな部活と勉学の両立をする上での実際の学習方法をのみならず、精神面を含めた基盤づくりができたのではないかと思います。基礎学力テスト後の「試練」はなかなかハードなシステムでしたが、その時期その時期の基礎学力の定着に大変有効だと感じました。県立高校が最終目標であるため、私立高校の準備はなかなか気持ちが入らず実際準備も進みにくいなか、推薦支援制度は大変心強く、ありがたかったです。


保護者K様 【新所沢7期生】 (2016/02/23)

4年生の時から6年間お世話になりました。計画的に勉強することが苦手で日曜の夜8時ごろから宿題をやるような子だったのですが、だんだんと自分から勉強するようになりました。それは日々の授業で、先生方が自ら学ぶことの大切さを伝えたり、性格を考慮した上でタイミングを見計らい適切な言葉をかけて下さったからだと思います。また、親の心配事もよく聞いてくださり対応していただきました。特に、私立高校選びでは、子供に合った高校を紹介していただきとても助かりました。県立入試までまだありますので、この後もよろしくお願いします。そして、卒塾後も相談に乗っていただけたら嬉しいです。


保護者H様 【新所沢7期生】 (2016/02/23)

小学校5年生から5年間大変お世話になりました。娘はウィルと出会い、冨田先生や多くの先生方に、勉強だけではなく「人として将来どうあるべきか」「これから自分がどうすべきか」「自分で考え、行動することの大切さ」など沢山のことを学んできたように思います。また、厳しくも優しく見守って下さったこと、本当に心から感謝しています。どちらかというとおっとりした性格の娘ですから、先生方もヤキモキしたのではないでしょうか。特にこの受験の1年は、初めてのことに戸惑い、不安にもなりましたが、面談での冨田先生の「大丈夫」というお言葉に不安や迷いが消えました。あの面談から私も娘も気持ちが定まり落ち着いて生活できたように思います。ウィルの凄いところはたくさんありますが、中でも私立校の先生方が来て下さる説明会など、先生から直接お話が聞けるというのは他の塾ではないですよね。各高校の説明を早い段階で聞くことができ、志望校の絞り込みにとても役に立ちました。ウィルの推薦支援制度も個別相談を受ける際には安心していくことができ助かりました。冨田先生、娘はウィルが大好きです。ウィルに入塾してから、いろいろな先生方の授業の話を本当に楽しそうに話してくれます。そんな先生方を尊敬し、「私もウィルの先生みたいになりたい」と言っていました。ウィルとの出会いは娘の価値観を育て、大きな大きな財産となったはずです。県立受験まで残りあとわずかとなりました。おっとりふわふわした娘ですが、宜しくお願いします!笑顔で卒塾出来るよう親も全力で応援したいと思います!!


保護者K様 【新所沢7期生】 (2016/02/23)

ウィルには小4からお世話になっております。小学生のころから、学習だけでなく、世の中のことや将来のことまで熱心に話していただき、その頃から娘は「自分の将来のために今から一生懸命頑張ろう」「やるべき事に一生懸命取り組むのは当然」という考え方が身についていきました。このような考え方が自然に身についたのは、先生方との信頼関係とウィルという環境があってのことだと思います。成長期の大切な時期にこのような環境を作っていただき本当に感謝しております。中3になり、本格的な受験勉強にプレッシャーもありましたが、熱心な先生方と、定員制でずっと一緒に過ごしたライバルでもある仲間に恵まれ、励まし合って頑張ることができました。わからないことは、時間外でもトコトン教えて頂き、苦手科目がいつの間にか得意科目になっていました。志望校に関しては、娘に合っているか、親の希望なども踏まえ、親身に考えて下さり、学校説明会では知りえない情報も提供していただきました。私立への連絡などもして頂き安心して受験することができました。ウィルにはやる気にさせてくれる空気感があるようです。6年もの長い間、学習はもちろん、心も育んで頂きました。本当にありがとうございました。


保護者M様 【新所沢7期生】 (2016/02/23)

中三生の中で最後に入塾した娘にとって一番びっくりしたことは生徒全員のレベルの高さでした。そして全員が勉強に対して真剣に取り組んでいる姿でした。その中にぽつんと入った娘は不安だったと思いますが、先生方がたくさん声をかけて下さり、ここまで頑張ることができました。前に通っていた塾では、基礎学力も定着していない中で有名私立校の問題を解いたりしていたので、このまま受験を迎えていいのか不安でしたが、ウィルに出会い、先生方の指導の下なら安心してお任せできると確信しました。娘とウィルの出会いは少し遅かったかもしれませんが、諸先生方の熱意あるご指導、本当にありがとうございました。


保護者Y様 【東所沢15期生】 (2016/02/23)

1年間という短い期間でしたが、その中で充実した日々を過ごせたのではないかと思います。入塾してからというもの、高い目標を掲げそこに向かって進んでいく姿は、見違えるほどでした。先生方に熱心に教えて頂いて、ウィルの仲間たちと切磋琢磨しながら勉強し、何をどうしたらいいのか、なぜその高校に行くのか、将来の事も見据え、子供の背中を押して頂いたのだと思います。県立高校受験がまだ残っていますが、そこに決めるまで実は少しネガティブな気持ちを持ったまま見守っておりました。北辰テストの結果やウィルに居る時間の長さ、本人の気持ち等、もうただ体を壊さないでその日を迎えてほしいと思って。それくらい本当にうちの子にピッタリな先生方との出逢いだったのです。こんなに頑張れる子だったのかと驚かされる日々です。本当に貴重な時間を過ごせてこれたと思うばかりです。あと少し宜しくお願いします。


保護者F様 【東所沢15期生】 (2016/02/23)

上の子の頃から6年余り、いよいよ我が家もウィルから卒業。本当に本当にお世話になりました。塾長の考えに共感し、我が子たちを入塾させ、これまで親子共に迷い無く進んでこれました。どっぷりウィルに浸り、高校へ行っても頑張れるパワーを注いでもらえたと信じています。ウィルならではのチーム、みんながいたから頑張れた。基礎をしっかり教えてくれたから難問も解ける。何より先生方の熱い支えがあったからこそここまでやってこれました。4月からはウィルの前を通り過ぎる日が多くなりますがウィルの扉を開けた時、あたたかく迎えてくださることを願っています。


保護者O様 【東所沢15期生】 (2016/02/23)

入塾前は勉強する前から「できないよ」とあきらめる傾向がありましたが、入塾後は基礎学力テストの合格を目指して自分から勉強するようになりました。同じクラスの生徒さんのがんばる姿を見て、また先生方の励ましで将来の目標を持ち、日々勉強しています。入塾してからは、小学生の頃に勉強の習慣がなかったことを残念に思うらしく、「小学生の頃からもっと勉強させてくれればよかったのに。ウィルに入れてくれればよかったのに。」ということが何度もありました。小学生の頃は遊ぶことに忙しく、勉強させたくとも、まったくその気になってはくれませんでしたので、このようなことを言われることに驚いています。あきらめる前に‟全力を尽くす” ‟努力する”という大事な経験をさせていただき、ウィルには感謝しています。ありがとうございました。


保護者M様 【東所沢15期生】 (2016/02/23)

キャンセル待ちで中三の春期講習からお世話になりました。一年間だけでしたが通塾してみて「もっと早く始めればよかった」と思いました。子供が自分から頑張るタイプではないので、周りからよい刺激を受けてくれたことは大きかったです。県立高校が第一志望で私立高校のことはあまり考えていなかったのですが、塾での高校説明会や、三者面談での私立高校の紹介もあり、学校説明会ではわからない情報も知ることができ、子供も納得して受験校を選ぶことができました。また、推薦支援制度のおかげで何度も学校に足を運ぶ必要もなく、個人で対応するよりも1ランク上のコースに合格することができて大変感謝しております。県立の第一志望にはまだ成績の基準が足りませんが、それでも「本人があきらめないなら応援する!」と言ってくださったことは親の方も心強く思いました。最後まであきらめずに頑張れるように見守りたいと思いますのでよろしくお願い致します。


保護者N様 【東所沢15期生】 (2016/02/23)

学力を上げるだけの塾ではなく、生きた学びを継続的に行ってくれるところ。それが可能なのはやはり先生方の質(人間性)が高いからだと感じます。子供と正面から向き合ってくださるからこその厳しい指導、そして大学生ながら先生方の責任感の強さに安心して子供を預けることができました。社会科見学などのイベントや、また授業の中でも、教科書には無い生きた学びを与えて下さることで子供の視野はとても広くなったと思います。教科指導だけではなく、社会的なニュース、世の中の仕組み、よく海外旅行される先生方のお話、その一つ一つが学校や一般の塾では得られないことだと感謝致しております。反抗期でホトホト投げ出したくなるような息子も、大学生の先生方に対しては素直に尊敬し、必死に課題などに取り組んでいました。子供たちに尊敬の念を抱かせる先生方の人間の質の高さは保護者会で十分納得しました。