生徒・保護者様の声

  1. ホーム
  2. 生徒・保護者様の声

生徒・保護者様の声

保護者K 様 【新所沢5期生】 (2013/05/30)

初めてお会いした冨田先生は存在感があり、お若いのに安心感を受けることができました。それまで持っていた塾の堅く事務的なイメージは払しょくされ、年子2人お世話になることになりました。印象的な出来事がありました。ほぼ心配の種のない上の娘の面談中でしたが、当時勉強に対するやる気や生活態度に問題を感じていた下の息子に困り相談しました。不安&不満顔の私に先生は「男の子はこんな感じですよ。」「大丈夫。ちゃんとやる奴ですから。」「いずれ学年を引っ張っていってもらう存在となると期待しています。」と上の娘との違いに戸惑う私に安心材料を下さいました。数十人もの生徒を抱えているのは大変でしょうに、こんなにも息子をよく見て気質を理解し、何より親である私よりも信じて長い目で見て下さっている事に深く感動しました。

更にその数回後の三者面談では、定期テスト前に焦らずのんびり構えている息子を奮起させようと「やる気がないならウィルに通う意味はない」と、冨田先生の前で訴えたことがあります。その時には「もうちょっと見ていてやって下さい。」「塾での集中力はすごいですよ。」「わからない部分をそのままにしておけないタイプだから伸びますよ。」と、またも退塾覚悟で臨んだ私を励まし、安心させて下さいました。それまで、『定期テスト合計何百点以上』などと数字だけを目標に挙げはしても具体的に行動できなかった息子が少しずつ変わり、テスト前の家庭学習について「もっと早くから始めればよかった。」と反省するようになり、気づけば私が「勉強しないの?!」と声をかける事は全くなくなりました。あのころのじれったさが嘘の様です。親としての私が苦手な“見守り信じ待つ”大切さを教えて頂き心から感謝しています。

これらのことは身を以て感じた貴重な経験となりました。ウィルでは、どの教科の先生も、熱心に興味深い授業をして下さり、苦手な教科でも徐々に点数が取れる様になっていきました。今では難問を解く楽しさも感じられるそうです。授業中は勿論、先生方との雑談から得る事も多く、海外・政治・仕事・進学等いろいろな話を楽しそうにしてくれることがあります。そんな風に“自分がどんな大人になりたいかを想像出来る力が付く環境”がある事もウィルの大きな魅力だと思います。そんな環境がある中、色々な話を進んで吸収して活かすも、それに関わらず過ごすのも本人次第。息子はそこに気付き、現在の自分に可能性を感じられています。とても大きな財産を先生方から頂いた様です。今は本命校に向けまっしぐらです。冨田先生ならびに他の先生方にはもう少し(卒塾してからも必ず!)お世話になります。


M 様 (2013/05/30)

小学5年生から5年間もの長い間、大変お世話になりました。初めてウィルの説明会に行った時、塾長や先生方の熱意、そして「28人が一つのチームとなる定員制」にする事によって「もう一つの学校にしたい」というお話にとても感銘を受けました。入塾を決めた時、塾長が「安心してお任せ下さい!!」と胸を張っておっしゃって下さいました。何かとのんびり屋の娘でしたが、入塾してからは基礎学力の大切さをご指導して頂いた御陰で、毎日コツコツ机に向かう習慣も身に付き、学力もアップしました。ウィルの三者面談では、「将来は何になりたいか?」「夢を実現するにはどの高校が合っているのか?」時間をかけて、じっくり話し合って下さいました。私立高校の個別相談の際では、相手先の先生に「○○さんのことは、塾長からすべて伺っております。安心して我が校へいらして下さい」と心強いお返事を頂き、改めてウィルの「推薦支援制度」の凄さを実感致しました。きっと、日頃から子供一人一人の個性をちゃんと見守って下さっているからこそ!!なんでしょうね。

塾長、ウィルの先生方には、本当に感謝しております。五年前の塾長のお言葉、「安心してお任せ下さい!!」はおっしゃる通りでした。すべてをウィルにお任せして本当に良かった。お互いに励まし合い、一緒に頑張ってきた仲間と共に充実した時間を過ごせた事は、今後もきっと心の支えになると思います。五年間本当にありがとうございました。

 

xf3055065482


S 様 (2013/05/30)

中学二年生から2年間お世話になりました。中2の頃は学習習慣の定着が目的でしたが、週2回、濃厚な時間と宿題をこなすうちに各教科の勉強へしっかり向き合おうとする姿勢のようなものが生まれていった気がしています。個別指導ではないのに、個人の質問や進路指導に、時間外であろうと対応して下さり、又、定員制の中での他の生徒さんとのライバル関係は大変刺激になったようです。

基礎学力の定着を大切にする指導のおかげで、学校の内申もよく伸び、北辰テスト対策も見事だと思いますし、私立高校の情報も多く、過去問対策までよく見て頂きました。大変感謝しております。有り難うございました。


保護者K 様 【新所沢5期生】 (2013/05/30)

たまたま一緒になったクラスのメンバーが、今では大好きでとても大切な仲間になったようです。帰宅するなり塾での話をとてもうれしそうに楽しそうに話す娘を見て、仲間&先生方の存在がこんなに大きくなっていたんだと感じています。皆さんに出会えたことを娘はとても喜んでいます。仲が良すぎて大丈夫なの?!と心配になったりしたこともありましたが(笑)、大切な仲間と先生方のサポートのおかげで、夢への道と、学校生活の両立をすることができ、今を迎えることができました。県立高校にこだわっていたわけではありません。娘の行きたい学校が県立校だっただけです。先生方には妥協したくない娘の気持ちを色々考えて頂き本当に感謝しております。ここまで来ましたので絶っ対に合格したいです。先生、あと少し娘をよろしくお願いします。

 
先生は覚えていらっしゃいますか?!オープン前のウィル新所沢校に、夜明かりがついていたので、ドアをたたき、パンフレット下さいと資料を頂きました。私は地元が東所沢なので、そちらには友人も多く、以前からウィルの評判は耳にしていました。「とても良いからおススメ!おいで!」と言う友人に、「遠くてとても無理だよ」と私。そうは思っていても、なんとなく気になっていました。数日後の友人からのTEL、「新所沢にウィルできるよ!!」運命を感じました。資料を見ると、講習は中3の夏期までは必修ではない。夏休みが忙しい娘にとってこれもピンと来ました。迷わず決めました。途中このままで良いのか悩んだ時期もありました。正直、今でも不安でこれで良かったのかと考えちゃう日もあります。ですが、娘のウィルでやりたい気持ち。第一希望しか見えていない思い。それと、ウィルに出会った時のピンときた運命感を信じて、第一志望受験日を楽しみにしています。


S 様 (2013/05/30)

ウィルに通わせてよかったと思うことは「定員制」である点です。定員制にすることで中学校のクラスのように仲間意識が芽生え、目標に向かってみんなで頑張ろうとする空気が生まれ、共に成長しようと努力する。このような塾はめったにあるのものではないと思います。そんな環境の中でなかなか成績が上がらなかった娘が中学3年生の秋頃には第一目標とする県立高校の合格圏に届くまでに学力が伸び定着してきました。途中で「つらい」と泣くこともありましたが基礎学力が定着するようにと徹底したカリキュラムで、一生懸命に指導していただいた結果の表れと感謝しております。くじけず頑張った結果、成績が上がった事実は娘には大きな自信と喜びになったようです。
また、県立高校が不合格となった時を考え、どこか良い私立高校を….と考えた時にも、どこの学校がいいのか全くわからなかった私たち親子に娘の将来の希望に沿った学校を紹介して推薦していただき、あっという間に決めることができ、安心して県立受験に集中することができました。先日、娘が一言「ウィルに通ってホントーに良かった!!」本当にお世話になりました。


K 様 (2013/05/30)

色々な塾を見に行き、体験入塾等も行きましたが、先生の熱心さ、指導に対する丁寧さ、生徒や保護者に対する態度など、どれをとっても率直にウィルが一番だと感じ、即決しました。入塾後は所定の時間を超えて帰宅が遅くなる日が多くなり、本人の疲労がたまっていくのが見てとれましたが、成績も徐々に向上し、充実感を得ていたからでしょうか、本人から弱音を吐くことはありませんでした。
3年生の受験期に入り、志望校を選定する際、ウィルの先生方の将来を見据えたアドバイスが大きく影響していたと思います。振り返ると、勉強だけでなく、仲間として気さくに相談できる風土がとてもよかったのではないかと思います。今までご指導ありがとうございました。